• トップページ
  • 当院の特徴
  • 診療科目
  • 院長紹介
  • 院内紹介
  • 医院概要

歯がグラグラする(歯周病)

  • ホーム
  • >
  • 歯がグラグラする(歯周病)

歯を失ってしまうこともある怖い病気です~歯周病~

「歯周病」は細菌によって歯ぐきが炎症を起こし、歯周組織を破壊してしまうお口の感染症です。虫歯とは異なりかなり進行しても痛みなどの自覚症状がないため、気づかないうちに重度まで進行してしまう可能性が高いことが特徴です。悪化すると歯が抜けて落ちてしまうこともあり、今日では「日本人が歯を失う原因の第1位」となっています。痛みがないからと言って、決して無視できない怖い病気なのです。

歯周病セルフチェック

以下のチェックボックスにひとつでも当てはまるものがあれば、すでに歯周病にかかっているおそれがあります。放置せず、すぐに三田市の歯医者「しらやま歯科」へご相談ください。

  • 歯をみがくと歯ぐきから血が出る
  • 歯ぐきが真っ赤に腫れている
  • 歯が伸びたような気がする
  • 口臭が強くなってきた気がする
  • 歯がグラグラする
  • 起床時に口の中がネバネバする
  • 歯と歯の間に食べ物がよく詰まる
  • 硬い食べ物を咬むと痛みがある

歯周病の進行段階

進行段階 症状
歯肉炎
歯ぐきが細菌によって炎症を起こし、毛細血管が破れやすくなっているので、歯みがきの際などに出血しやすくなります。歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の深さは3mm程度です。
軽度歯周炎
症状が進行し、顎の骨が溶かされはじめた状態です。歯ぐきが赤く腫れて、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。歯周ポケットの深さは少し深くなって、4mm程度です。
中等度歯周炎
歯を支える顎の骨がさらに溶かされ、歯を指で押すとグラつくようになります。また、口臭が強くなってきます。歯周ポケットの深さは6mm程度です。
重度歯周炎
歯ぐきが下がってきたり、歯と歯ぐきの境目から膿が出たりします。ここまで進行すると、最悪の場合には歯が抜け落ちることもあります。歯周ポケットの深さは8mm程度です。

当院の歯周病検査

歯周ポケット検査 「プローブ」という器具で歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の深さを調べます。溝が深ければ深いほど、歯周病が進行しています。
レントゲン検査 レントゲン撮影によって顎の骨の状態を調べます。骨密度が低いほど、歯周病が進行しています。

当院の歯周病治療

スケーリング
「スケーラー」という器具で、歯に付着した歯垢や歯石を丁寧に除去します。軽度な症状の歯周病に対して行う治療法です。
歯周ポケット掻爬術
歯周ポケット内の歯垢や歯石、膿、感染した組織を除去します。軽度から中等度の歯周病に対して行う治療法です。
フラップ手術
歯ぐきを切開して、歯根に付着している歯垢や歯石を除去します。中等度以上の進行した歯周病に対して行う治療法です。

ページTOPへ